ドメスティック・バイオレンス(DV)やストーカー行為への対応

記事カテゴリー:ブログ, 男女問題

2014-02-24

ドメスティック・バイオレンス(以下「DV」といいます。)やストーカー行為による深刻な被害が報道されることが少なくありません。

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)とストーカー行為を規制するストーカー行為等の規制に関する法律(ストーカー規制法)が近時改正されています。

DV防止法の改正では配偶者でない場合でも保護命令の申立てが可能になりました。

ストーカー規制法の改正ではDV防止法におけるのと同様に電子メールの送信が規制の対象となり、また、禁止命令をすることが出来る公安委員会等の範囲が拡大されました。

DVやストーカー被害は、悪化を防ぐためにも早期の相談が決め手です。迷わずにご相談下さい。



【お問い合わせ先】
〒108-0072
東京都港区白金一丁目17番2号 白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 (Tel:03-5447-2011)
最寄り駅
東京メトロ南北線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
都営 三田線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2018 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.