有期雇用労働者の能力の活用

記事カテゴリー:ブログ, 企業法務, 経営, 雇用・労働, 高齢者

2015-05-04

 専門的な知識・技術・経験を有する有期雇用労働者と定年後引き続き雇用される有期雇用労働者がその能力を有効に発揮出来るようにすることなどを意図して、その特性に応じた雇用管理に関する特別の措置を講じることなどを定めた「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」が平成26年11月21日に成立し、同月28日に公布されました。

 そして、この法律は、
①厚生労働大臣が定める専門的知識等を有する有期雇用労働者の特性に応じた雇用管理に関する基本方針
②事業主が作成して厚生大臣の認定を受ける雇用管理に関する措置についての計画
③労働契約法18条による無期労働契約への転換の申込権の発生期間に関する特例
④援助、指導及び助言、報告の徴収に関する定め
などをその内容としています。
 注目すべき労働関連の立法のうちのひとつと言えます。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.