不法入国・不法残留と強制収容・強制送還

記事カテゴリー:ブログ, 入管関連

2015-02-02

 不法に入国した外国人や不法に残留している外国人について、出入国管理及び難民認定法は、退去強制処分をし、その者の国籍国に強制送還する手続きを定めています。そして、この退去強制処分は、法務大臣による退去強制令書の発布によって行われます。

 不法入国、不法残留に該当するとされた外国人が上記の退去強制令書発布処分の取消訴訟を提起することがありますが、その執行停止を求めないと手続きがそのまま進んで強制収容・強制送還される可能性があることから、多くの場合、訴訟の提起に加えて執行停止の申立を行うことになります。

 なお、執行停止をするには、
Ⅰ積極要件
 ①本案訴訟として取消訴訟が適法に提起されていること
 ②重大な損害を避けるため緊急の必要があるときであること
と、
Ⅱ消極要件
 ③公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるときでないこと
 ④本案について理由がないとみえるときでないこと
の双方を備えることが必要となります。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.