利息制限法と出資法

記事カテゴリー:ブログ, 利息, 多重債務>法的整理, 多重債務>私的整理

2014-08-11

 お金を借りる場合、通常、元金の返済に加えて利息の支払いが問題となりますが、この利息を規制する主な法律として利息制限法と出資の受入れ、預かり金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)が存在します。

 利息制限法は、利率を規制する法律で、利率の上限について、
①元本が10万円未満の場合は年20%、
②元本が10万円以上で100万円未満の場合は年18%、
③元本が100万円以上の場合は年15%
と定めています。
また、出資法は、貸金業者などを規制する法律で、上限金利を20%と定めています。

 以前は、出資法の上限金利と利息制限法の上限金利に開きがあり、いわゆるグレーゾーン金利が問題となっていましたが、平成22年に出資法の上限金利が29.2%から利息制限法の定める上限金利と同じ20%に引き下げられました。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2018 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.