生活困窮者の自立支援

記事カテゴリー:ブログ, 多重債務>法的整理, 多重債務>私的整理, 立法の動向, 雇用・労働

2014-10-20

 経済的に困窮し最低限度の生活を維持することが出来なくなるおそれのある生活困窮者に対しその自立を支援する事業を行うことを定めた生活困窮者自立支援法が平成25年12月6日に成立し、同月13日に公布されました。

 この法律が定める支援事業は、
①福祉事務所を設置する自治体(都道府県、市区町村)が実施しなければならない必須事業の
A生活困窮者自立相談事業、
B生活困窮者住居確保給付金の支給、

実施するかどうかは任意である任意事業の
A生活困窮者就労準備支援事業、
B生活困窮者一時生活支援事業、
C生活困窮者家計相談支援事業、
D学習支援事業

②都道府県知事の認定を受けた者による生活困窮者就労訓練事業です。

 社会保険・労働保険や生活保護とともにこの支援制度が機能することが期待されています。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.