少年の再非行防止のための取組や適切な処遇の実施

記事カテゴリー:ブログ, 刑事事件, 少年事件

2015-03-09

 昭和24年に制定されて以来、少年院法については大きな改正は行われていませんでしたが、少年の再非行の防止に向けた取組の充実・適切な処遇の実施・社会に開かれた施設運営の推進を施策の柱として、新たな「少年院法」とこれから分離された「少年鑑別所法」が平成26年6月4日に成立し、同月11日に公布されました。

 この2法の主な内容は、
Ⅰ 少年院法
 ①少年院の種類(従来の区分から「第一種」「第二種」「第三種」「第四種」に変更)
 ②少年院視察委員会の設置
 ③在院者の処遇の原則
 ④保護者に対する協力の求め・指導、助言
 ⑤矯正教育の目的・内容(生活指導・職業指導・教科指導・体育指導・特別活動指導)、矯正教育課程・少年鑑別所への収容
 ⑥帰住、医療・療養、修学・就業等の社会復帰支援
 ⑦在院者の権利義務、職員の権限
 ⑧救済の申出

Ⅱ 少年鑑別所法
 ①鑑別の実施方法、鑑別を求める機関
 ②在所者の観護処遇の原則
 ③在所者の健全な育成のための支援
 ④在所者の権利義務
 ⑤非行・犯罪の防止に関する援助
 などです。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.