120年ぶりに民法(主に債権法)が大きく変わる!?

記事カテゴリー:ブログ, 立法の動向

2013-04-22

審議を経て、民法の改正に関する中間試案が公表(平成25年6月3日まで)されました。

法務省ホームページ(外部リンク)「民法(債権関係)の改正に関する中間試案」(平成25年2月26日決定)

この改正が実現すると民法(債権法)の内容が大きく変わるため、従来の契約書・約款の内容の変更が必要となる可能性があります。

私法の一般法、基本法たる民法(債権法)の改正ですから、特に企業の代表者や法務担当者は注意を払う必要があります。

中間試案の中で、特に影響が大きいと思われる項目は以下のものです。

○契約に至るまでの経緯

○売買・消費貸借・賃貸借・請負・委任・雇用に関する契約等

○債務不履行・損害賠償・保証債務等

○契約の解約・継続等

※中間的な試案ですので、内容に変更が生じる可能性がありますので予めご了承ください。

※パブリックコメント(Public Comment)制度・・・・・あらかじめその案を公表して、国民の皆様から意見、情報を募集する(意見公募)手続制度です。



【お問い合わせ先】
〒108-0072
東京都港区白金一丁目17番2号 白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平 間 民 郎
Tel:03-5447-2011
最寄り駅
東京メトロ南北線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
都営 三田線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.