少年の刑事事件と少年審判手続

記事カテゴリー:ブログ, 刑事事件, 少年事件

2014-10-27

 少年犯罪については凶悪犯罪の報道が見られる一方でその減少傾向が指摘されるなどさまざまな意見・評価が存在しますが、少年審判手続のより一層の適正化や少年の刑事事件における科刑の適正化を図るため、「少年法の一部を改正する法律」が平成26年4月11日に成立し、同月18日に公布されました。

 この改正の主な内容は、
①少年審判手続が行われる少年について家庭裁判所が職権で弁護士である付添人をつける国選付添人の対象となる事件の範囲の拡大
②検察官を少年審判手続に関与させる検察官関与制度の対象となる事件の範囲の拡大
③長期と短期を定める不定期刑の対象となる事件の範囲の変更
④不定期刑の長期と短期の上限の引き上げ
⑤無期刑を緩和して有期刑を科す場合の刑の上限の引き上げ
⑥無期刑を緩和して有期刑を科した場合に仮釈放が可能になる期間の変更などです。

 少年については教育による改善更生が成人よりも期待できると考えられており、成人とは異なった配慮が必要になります。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.