今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:ブログ

離婚後における親子の面会交流の方法

離婚により親権者・監護者でなくなった親が子と会ったり手紙・電話等で交流することを面会交流と言います(民法766条)が、父母の葛藤が激しかったり信頼関係の再構築が十分でない場合などには家庭裁判所調査官の指導(大阪家裁昭和5 […]

続きを読む

高齢者などによる縁組意思を欠いた養子縁組

養子縁組は、養親となるべき者と養子となるべき者との合意に基づく養子縁組届によって行われます(民法799条)が、財産的な法律関係を作出することのみを目的とする場合には縁組意思を欠くものとして養子縁組は無効とした裁判例(大阪 […]

続きを読む

交通事故などの不法行為による年金受給者の死亡

交通事故などの不法行為によって年金受給者が死亡した場合にその相続人が加害者に対し、この年金受給権の喪失を逸失利益として損害賠償請求できるかという問題があります。そこで、この問題に関する裁判例をみると、 ① 地方公務員等共 […]

続きを読む

交通事故によるペットの死傷と慰謝料・治療費の賠償

交通事故によって人が死傷した場合、財産的損害の賠償や精神的損害についての慰謝料が問題となりますが、飼っているペットが死傷した場合にも治療費の賠償や精神的損害についての慰謝料が問題となります。 そこで、この問題に関する裁判 […]

続きを読む

交通事故の後発的事情(被害者の自殺、病死)による死亡

交通事故による後遺障害が残った被害者が後発的事情によって死亡した場合にこの後発的事情が損害の算定においてどのように評価されるかが問題となることがあります。 この点、後遺障害が残った被害者が自殺した場合について、最高裁平成 […]

続きを読む

企業における内部統制システムと内部統制構築義務

会社法は、「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務ならびに当該株式会社およびその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制の整備 […]

続きを読む

交通事故と医療過誤が競合する場合の共同不法行為

複数の者が加害者として交通事故に関与する場合、共同不法行為(民法719条)の成否が問題となるところ、このような類型のひとつとして交通事故と医療過誤が競合する場合があります。 そこで、この問題に関す裁判例を見ると、最高裁平 […]

続きを読む

休職命令の要件

労働者の就労を一時禁止または免除することを休職といい、これには ①労働者の疾病・負傷を理由とする傷病休職、 ②傷病以外の事故を理由とする事故欠勤休職、 ③刑事事件で起訴された者を休職させる起訴休職、 ④留学等のための自己 […]

続きを読む

車の貸主やレンタカー業者の運行供用者としての責任

自動車による人身事故について自動車損害賠償保障法(自賠法)3条が「自己のために自動車を運行の用に供する者」(運行供用者)の損害賠償責任を定めているところ、有償ないし無償で自動車を貸し出した第三者が事故を起こした場合におけ […]

続きを読む

労働時間とフレックスタイム制

労使協定で定める一定の期間(清算期間)につき一定の時間労働することを条件として始業・就業時刻の決定を個々の労働者にまかせる制度をフレックスタイム制(労働基準法32条の3)と言い、管理部門、研究・開発部門などで導入されてい […]

続きを読む