今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:企業法務

借家契約における迷惑行為防止特約

マンションやアパートなどの賃貸借契約において、賃借人とその他当該建物を使用する者による近隣の居住者等に対し迷惑をかける行為を禁止する旨の特約が定められ、このような特約の違反が契約解除の原因として問題となることがあります。 […]

続きを読む

借地契約における賃貸人による契約の更新拒絶

借地契約において、賃貸人が期間満了時に借地契約を終了させるためには借地権者からの更新請求や土地の使用の継続に対し遅滞なく異議を述べる必要があり、この異議がなければ借地契約は法定更新されることになります。 そこで、この異議 […]

続きを読む

借家契約における賃借人の原状回復義務

賃貸借が終了した場合、賃借人は、賃貸人に対し、原状回復義務を負うことになりますが、賃貸借は賃借物を使用収益することを目的とするものであるため、通常の使用収益により生ずる減耗(通常損耗)については原状回復義務を負わないと考 […]

続きを読む

交通事故などによる死亡と葬儀費・墓碑建立費・香典等

交通事故などで被害者が死亡した場合にその葬儀関係費の処理が問題となります。 まず、葬儀費に関する裁判例を見ると、合理的であると考えられる範囲で損害賠償請求としてその支払請求を認めています(最高裁昭和43年10月3日判決等 […]

続きを読む

労災事故・不法行為の被害者になった外国人の逸失利益・慰謝料

日本に滞在する外国人の増加に伴い外国人が労災事故や不法行為の被害者となるケースが多くなっているようですが、このような場合の逸失利益や慰謝料をどのように算定するのかということが問題になります。 まず、逸失利益が問題になった […]

続きを読む

企業における内部統制システムと内部統制構築義務

会社法は、「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務ならびに当該株式会社およびその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制の整備 […]

続きを読む

交通事故と医療過誤が競合する場合の共同不法行為

複数の者が加害者として交通事故に関与する場合、共同不法行為(民法719条)の成否が問題となるところ、このような類型のひとつとして交通事故と医療過誤が競合する場合があります。 そこで、この問題に関す裁判例を見ると、最高裁平 […]

続きを読む

休職命令の要件

労働者の就労を一時禁止または免除することを休職といい、これには ①労働者の疾病・負傷を理由とする傷病休職、 ②傷病以外の事故を理由とする事故欠勤休職、 ③刑事事件で起訴された者を休職させる起訴休職、 ④留学等のための自己 […]

続きを読む

車の貸主やレンタカー業者の運行供用者としての責任

自動車による人身事故について自動車損害賠償保障法(自賠法)3条が「自己のために自動車を運行の用に供する者」(運行供用者)の損害賠償責任を定めているところ、有償ないし無償で自動車を貸し出した第三者が事故を起こした場合におけ […]

続きを読む

労働時間とフレックスタイム制

労使協定で定める一定の期間(清算期間)につき一定の時間労働することを条件として始業・就業時刻の決定を個々の労働者にまかせる制度をフレックスタイム制(労働基準法32条の3)と言い、管理部門、研究・開発部門などで導入されてい […]

続きを読む