今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:刑事事件

交通事故などによる死亡と葬儀費・墓碑建立費・香典等

交通事故などで被害者が死亡した場合にその葬儀関係費の処理が問題となります。 まず、葬儀費に関する裁判例を見ると、合理的であると考えられる範囲で損害賠償請求としてその支払請求を認めています(最高裁昭和43年10月3日判決等 […]

続きを読む

犯人の処罰を求めるための告訴・告発

告訴は、犯罪の被害者などの告訴権者が捜査機関に対して犯罪事実を申告し、その犯人の処罰を求める意思表示です(刑事訴訟法230条等)。そして、個人だけでなく会社などの法人や法人格のない社団・財団でも被害者として告訴権者になる […]

続きを読む

交通事故における被害車両の修理費・買替え費用

交通事故によって損傷した車両について修理が相当な場合には適正な修理費相当額が損害として認められます。また、損傷した車両が修理不能と認められる状態になった場合には最高裁昭和49年4月15日判決が「交通事故により自動車が損傷 […]

続きを読む

会計監査人の責任

会社法2条6号所定の大会社は、会計監査人を置かなければならない(会社法328条)とされています。また、大会社以外の株式会社は、定款で会計監査人を設置することが出来る(会社法326条2項)とされています。 そして、会社法で […]

続きを読む

2016年12月14日 公布された法令に関するお知らせ

ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第102号)   官民データ活用推進基本法(平成28年法律 第103号)   再犯の防止等の推進に関する法律(平成28年法律 […]

続きを読む

刑事事件の在留資格への影響

 外国人の刑事事件において無期または1年を超える懲役もしくは禁錮の実刑判決が確定した場合には刑務所への収監とあわせて退去強制手続が進行します。 また、入管法別表第1の在留資格で在留する者が同法24条4号の2に規定する殺人 […]

続きを読む

2016年6月7日 公布された法令に関するお知らせ

○平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律(平成28年法律 第69号) ○特定非営利活動促進法の一部を改正する法律(平成28年法律 第70号) ○民法の一部を改正する […]

続きを読む

被害者等による少年審判の傍聴

 少年審判は非公開が原則とされていますが、少年法の改正で一定の事件につき被害者等による傍聴が認められるようになっています。  故意の犯罪行為、刑法211条の罪(業務上過失致死傷罪)、自動車の運転により人を死傷させる行為等 […]

続きを読む

高齢者の交通事故による死亡被害

 平成27年の交通事故による死者において、65歳以上の高齢者の占める割合が54.6%に上ったと平成28年1月5日付け新聞が報道しています。  交通事故の件数は、前年比3万6676件減の53万6789件で11年連続の減少と […]

続きを読む

薬物乱(濫)用に対する規制の強化

 覚醒剤、大麻、向精神薬等の規制薬物と同様の薬理作用を有する危険ドラッグにより健康被害や他者に対する危害が発生していることを受けて、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の一部を改正する法律が平成 […]

続きを読む