今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:個人法務

借家契約における迷惑行為防止特約

マンションやアパートなどの賃貸借契約において、賃借人とその他当該建物を使用する者による近隣の居住者等に対し迷惑をかける行為を禁止する旨の特約が定められ、このような特約の違反が契約解除の原因として問題となることがあります。 […]

続きを読む

借地契約における賃貸人による契約の更新拒絶

借地契約において、賃貸人が期間満了時に借地契約を終了させるためには借地権者からの更新請求や土地の使用の継続に対し遅滞なく異議を述べる必要があり、この異議がなければ借地契約は法定更新されることになります。 そこで、この異議 […]

続きを読む

交通事故などによる死亡と葬儀費・墓碑建立費・香典等

交通事故などで被害者が死亡した場合にその葬儀関係費の処理が問題となります。 まず、葬儀費に関する裁判例を見ると、合理的であると考えられる範囲で損害賠償請求としてその支払請求を認めています(最高裁昭和43年10月3日判決等 […]

続きを読む

有責配偶者からの離婚請求

当事者の婚姻関係が破綻している場合、裁判によって離婚を請求することが考えられるところ、婚姻関係の破綻について責任のある側(有責配偶者)からの離婚請求が認められるのかという問題があります。 この問題に関する裁判例としては、 […]

続きを読む

遺言書の偽造・変造等による相続欠格

民法891条は、相続人となる資格を失う相続欠格事由につき定めているところ、遺言書の偽造・変造・破棄・隠匿がこの相続欠格事由のひとつとされています(同条5号)。 そこで、この遺言書の偽造等が問題となった裁判例をみると、最高 […]

続きを読む

親権者の子に対する監護教育権と医療行為への同意

親権者は、子供の利益を図るために子の監護及び教育を行う権利を有し、また、義務を負う(民法820条)ところ、この監護教育の権利・義務に基づいて子に対する医療行為について同意する権限が認められると考えられていますが、親権者の […]

続きを読む

身寄りや資力のない人による成年後見制度の利用

成年後見制度を利用する場合、費用を負担できる資力や申立てを行ってくれる親族などが必要になりますが、費用の負担が難しい人や身寄りのいない人が少なくありません。そこで、4親等内の親族がいない場合、市区町村長が申し立てをするこ […]

続きを読む

離婚後における親子の面会交流の方法

離婚により親権者・監護者でなくなった親が子と会ったり手紙・電話等で交流することを面会交流と言います(民法766条)が、父母の葛藤が激しかったり信頼関係の再構築が十分でない場合などには家庭裁判所調査官の指導(大阪家裁昭和5 […]

続きを読む

交通事故によるペットの死傷と慰謝料・治療費の賠償

交通事故によって人が死傷した場合、財産的損害の賠償や精神的損害についての慰謝料が問題となりますが、飼っているペットが死傷した場合にも治療費の賠償や精神的損害についての慰謝料が問題となります。 そこで、この問題に関する裁判 […]

続きを読む

休職命令の要件

労働者の就労を一時禁止または免除することを休職といい、これには ①労働者の疾病・負傷を理由とする傷病休職、 ②傷病以外の事故を理由とする事故欠勤休職、 ③刑事事件で起訴された者を休職させる起訴休職、 ④留学等のための自己 […]

続きを読む