今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:個人法務

車の貸主やレンタカー業者の運行供用者としての責任

自動車による人身事故について自動車損害賠償保障法(自賠法)3条が「自己のために自動車を運行の用に供する者」(運行供用者)の損害賠償責任を定めているところ、有償ないし無償で自動車を貸し出した第三者が事故を起こした場合におけ […]

続きを読む

労働時間とフレックスタイム制

労使協定で定める一定の期間(清算期間)につき一定の時間労働することを条件として始業・就業時刻の決定を個々の労働者にまかせる制度をフレックスタイム制(労働基準法32条の3)と言い、管理部門、研究・開発部門などで導入されてい […]

続きを読む

賃金の調整的相殺

給与が月の途中に支払われた後において従業員が欠勤した場合に欠勤によって減額される分を使用者が翌月の給与から控除することを賃金の調整的相殺と言いますが、この取り扱いは過払賃金分の不当利得返還請求権と賃金債権との相殺になるこ […]

続きを読む

不貞行為の相手方の責任

配偶者が不貞行為を行った場合、そのことが離婚原因となります(民法770条1項1号)が、さらに、その不貞行為の相手方が、他方の配偶者に対して民法709条による損害賠償責任を負うかが問題になります。 この問題に関する裁判例を […]

続きを読む

真実と異なる認知の無効

婚姻関係にない男女の間に生まれた子との親子(父子)関係を認めるものとして認知という制度がありますが、その認知が真実に反する場合にはその効果を否定する必要があります。そこで、子その他の利害関係人は、認知に対して反対の事実を […]

続きを読む

取締役の解任決議と解任の訴え

取締役の解任について、会社法は、株主総会において理由のいかんにかかわらず取締役などの役員を解任することが出来る(同法339条1項)としていますが、解任が安易に行われると取締役の地位が不安定になることから、正当な理由のある […]

続きを読む

別居中の婚姻費用・過去の婚姻費用

衣食住や子供の養育、教育の費用など婚姻から生ずる費用(婚姻費用)について民法760条は、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」と規定しているところ、この婚姻費用に関して、婚姻関 […]

続きを読む

相続財産と死亡退職金・生命保険金

死亡を原因として遺族などに支払われるものとして死亡退職金と生命保険金がありますが、これらが相続財産に含まれるかどうかが問題になります。 まず、死亡退職金に関する裁判例を見ると、退職金に関する規程において死亡退職金の第1順 […]

続きを読む

労働条件の変更と労働契約法

労働契約の継続中に合併、分社化といった企業の再編や定年延長、人事成果主義の導入といった人事制度の変更、経営の悪化などが生じた場合に労働条件の変更が必要になることがあり、 その方法として、 ①個々の労働者との合意により変更 […]

続きを読む

2017年6月23日 公布された法令に関するお知らせ

〇農林物資の規格化等に関する法律及び独立行政法人農林水産消費安全技術センター法の一部を改正する法律(平成29年法律 第70号) 〇国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律(平成29年法律 第71号) […]

続きを読む