今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:債権回収

会社についての破産手続の開始決定と取締役の地位

会社の取締役の終任事由としては、 任期の満了 欠格事由の発生 辞任 解任 会社の解散 委任の法定終了事由 がありますが、会社について破産手続開始決定があった場合に取締役がその地位を当然に去るのかどうかという問題については […]

続きを読む

少額の紛争を簡易迅速に解決するための少額訴訟手続の特徴

 訴額が60万円以下の金銭の支払請求事件については少額訴訟による審理と裁判を求めることが出来ます(民訴法368条1項)。  少額訴訟は、比較的少額の紛争を簡易迅速に解決するための制度です。 少額訴訟においては、原則として […]

続きを読む

休眠会社のみなし解散

 休眠会社とは、登記上存在するが実際には事業活動を行っていない会社です。会社法は、これを解散したとみなしています(472条)。  平成17年における改正前の商法では最後の登記後5年を経過したものが休眠会社とされていました […]

続きを読む

破産手続きにおける財団債権

 破産手続きでは、債権を区分してそれぞれについて異なった取扱をしています。そして、その債権の区分の中に財団債権と呼ばれるものがあります。 財団債権は、 ①破産債権者の共同の利益のためにする裁判上の費用の請求権、破産財団の […]

続きを読む

破産手続きにおける否認権

 否認権とは、破産手続開始決定が出る前の破産者による行為の効力を覆す破産管財人に認められた権能です。  債務者であっても、その財産を贈与したり廉価で売却することは本来自由です。また、債務者が弁済をすることはその義務です。 […]

続きを読む

不動産の引渡し、明渡しの強制執行と明渡しの催告

 強制執行のひとつとして、執行官が債務者による不動産に対する占有を解いて債権者にその占有を取得させる不動産の引渡し、明渡しの強制執行があります。そして、この強制執行を開始することが出来るとき、執行官は、明渡しの催告をする […]

続きを読む

セミナー②民法(債権法)改正がもたらす契約実務への影響

 民法の契約に関する規定の見直しが進んでおりますところ、平成26年8月26日に「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」が決定されました。  そこで、上記仮案を素材にして、この改正の日常生活や経済活動への影響を検討する民 […]

続きを読む

消滅時効期間とその起算点

 企業法務において管理する債権の時効消滅の防止が問題になることがありますが、適切に対処するためには消滅時効期間とその起算点の理解がまず必要になります。 Ⅰ 消滅時効期間  債権の消滅時効期間については民法・商法が定めてい […]

続きを読む

債権管理と再度の時効中断

 企業法務における債権管理として、その管理する債権の時効消滅を防止する必要があります。そして、消滅時効が進行する場合にその完成を阻止して時効消滅を防止する制度として消滅時効の中断が存在し、民法は、 ①請求 ②差押え・仮差 […]

続きを読む

お金に関する無料法律相談のお知らせ 3月27日(金)~4月10日(金)

 お金に関して悩まれているご本人又はそのご家族で且つ来所のできる方を対象にして、当事務所において、お金に関する法律相談を無料で行います。法人、個人を問いません。また、土・日・祝日も行っておりますので、お気軽にお電話くださ […]

続きを読む