今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:消費者

IP電話の乗っ取りによる被害

 IP電話を乗っ取られ国際電話を無断でかけられたりして高額な料金を請求されるという問題について新聞が報道しています。  クレジットカードについては不正に利用されたことが判明した場合、カード会社は、料金を請求しないで保険金 […]

続きを読む

合議の対象となる民事訴訟の拡大

 平成27年6月18日付け新聞が「民事訴訟1審 合議拡大」というタイトルで民事訴訟の第一審において3人の裁判官が担当する合議の対象となる事件を拡大するという方向で最高裁判所が各地方裁判所と協議することを報道しています。 […]

続きを読む

セミナー②民法(債権法)改正がもたらす契約実務への影響

 民法の契約に関する規定の見直しが進んでおりますところ、平成26年8月26日に「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」が決定されました。  そこで、上記仮案を素材にして、この改正の日常生活や経済活動への影響を検討する民 […]

続きを読む

高齢者等に対する悪質ファンド詐欺

 平成19年9月に金融商品取引法が施行されたのにあわせて機関投資家等から資金を集めるいわゆる「プロ向けファンド」が導入されましたが、平成27年5月4日付け新聞が「悪質ファンド詐欺ご用心」というタイトルでこの「プロ向けファ […]

続きを読む

ドメインの使用の差止めと不正競争防止法

 ドメイン名に関するトラブルにはさまざまなものがありますが、ドメイン名を取得してこれを高値で売りつけようとしたり、また、他人のドメイン名を利用して顧客を得ようとしたりしてトラブルになることがあります。 このような場合、不 […]

続きを読む

賃貸借契約の解除と賃借人の破産・民事再生

 賃貸借契約において、賃借人が破産や民事再生の申立てを行うことを契約の解除事由として定めることがありますが、賃借人に不利な特約を無効とする借地借家法30条などがあることから、このような定めに基づく賃貸借契約の解除が認めら […]

続きを読む

食品表示制度と食品表示法

 景品表示法の他に食品表示を規制する法としては、日本農林規格法(JAS法)、食品衛生法、健康増進法が存在していましたところ、この食品表示に関連する三法の食品表示に関する規定を統合して一元化するものとして、平成25年6月2 […]

続きを読む

不当な表示・景品の規制と景品表示法

 ホテルなどで料理のメニューに記載されている食材と異なる食材を使用するという「食品偽装」が大きな問題となったことがありますが、このような不当表示を規制する法として不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)が存在します。 […]

続きを読む

錯誤などによるインターネット上のトラブル

 相手方と顔をあわせて行う対面取引において誤解・誤信があった場合、意思表示の要素に錯誤があれば意思表示は無効とする一方で意思表示をした人に重大な過失があれば無効主張は出来ないとする民法95条が問題となりますが、インターネ […]

続きを読む

被害の救済と製造物責任法(PL法)

 製造業者などが製造、加工、輸入又は一定の表示をして引き渡した製造物の欠陥によって生命、身体又は財産を侵害した場合、製造物責任法(PL法)を根拠として、その製造業者、輸入業者、製造物に氏名などを表示した事業者は、過失の有 […]

続きを読む