今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:入管関連

労災事故・不法行為の被害者になった外国人の逸失利益・慰謝料

日本に滞在する外国人の増加に伴い外国人が労災事故や不法行為の被害者となるケースが多くなっているようですが、このような場合の逸失利益や慰謝料をどのように算定するのかということが問題になります。 まず、逸失利益が問題になった […]

続きを読む

日本人と外国人の間に生まれた子供の国籍

子供の国籍の決め方については ①親の国籍を基準とする血統主義と ②親の国籍にかかわらずその国で生まれたものに国籍を与える生地(出生地)主義があります。 そして、日本の国籍法は、「子の出生の時に父又は母が日本国民であるとき […]

続きを読む

日本人の配偶者の帰化

帰化とは、外国人が日本の国籍を取得する制度です。そして、一般的な帰化においては引き続き5年以上日本に住所を有すること、素行が善良であること、自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことがで […]

続きを読む

日本の企業に雇用されている外国人の労働契約

企業活動の国際化に伴い日本においても外国人労働者が増加しており、日本国内にある日本企業に雇用されている外国人の労働契約にどの国の法律が適用されるのか(準拠法の決定)が問題となります。 この問題に関して、法の適用に関する通 […]

続きを読む

2016年11月28日 公布された法令に関するお知らせ

社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の一部を改正する法律(平成28年法律 第85号)   社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うため […]

続きを読む

刑事事件の在留資格への影響

 外国人の刑事事件において無期または1年を超える懲役もしくは禁錮の実刑判決が確定した場合には刑務所への収監とあわせて退去強制手続が進行します。 また、入管法別表第1の在留資格で在留する者が同法24条4号の2に規定する殺人 […]

続きを読む

再入国の許可・みなし再入国の許可 The re-entry permit system

 日本に在留する外国人が再び日本に入国する予定で出国するときにあらかじめ再入国の許可を得るという再入国許可制度があります(出入国管理及び難民認定法26条)。そこで、日本に在留する外国人が再び日本に入国する予定で出国する場 […]

続きを読む

日本に居住する外国人夫婦の離婚- Divorce between foreign nationals in Japan

 日本に住んでいる外国人の夫婦が日本で離婚をしようとする場合、日本の裁判所を利用することが出来ますが、この場合に適用される法律(準拠法)が問題となります。  離婚の成立要件について適用される法律は、 ① その夫婦の本国法 […]

続きを読む

就労可能な在留資格への変更

 外国人の在留資格には、事業を行って収入を得たり報酬を得たりする就労が可能な「技術・人文知識・国際業務」などと就労が予定されていない「短期滞在」「留学」「家族滞在」などがありますが、就労が予定されていない在留資格から就労 […]

続きを読む

日本人の配偶者と離婚・死別した外国人の在留資格

 日本に滞在する外国人には在留資格が必要となりますが、「日本人の配偶者等」という在留資格で日本において生活している外国人が日本人の配偶者と離婚しょうとしている場合や離婚・死別した場合にその在留資格がどうなるのかという問題 […]

続きを読む