今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:男女問題

真実と異なる認知の無効

婚姻関係にない男女の間に生まれた子との親子(父子)関係を認めるものとして認知という制度がありますが、その認知が真実に反する場合にはその効果を否定する必要があります。そこで、子その他の利害関係人は、認知に対して反対の事実を […]

続きを読む

別居中の婚姻費用・過去の婚姻費用

衣食住や子供の養育、教育の費用など婚姻から生ずる費用(婚姻費用)について民法760条は、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」と規定しているところ、この婚姻費用に関して、婚姻関 […]

続きを読む

2017年6月23日 公布された法令に関するお知らせ

〇農林物資の規格化等に関する法律及び独立行政法人農林水産消費安全技術センター法の一部を改正する法律(平成29年法律 第70号) 〇国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律(平成29年法律 第71号) […]

続きを読む

日本人と外国人の間に生まれた子供の国籍

子供の国籍の決め方については ①親の国籍を基準とする血統主義と ②親の国籍にかかわらずその国で生まれたものに国籍を与える生地(出生地)主義があります。 そして、日本の国籍法は、「子の出生の時に父又は母が日本国民であるとき […]

続きを読む

日本人の配偶者の帰化

帰化とは、外国人が日本の国籍を取得する制度です。そして、一般的な帰化においては引き続き5年以上日本に住所を有すること、素行が善良であること、自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことがで […]

続きを読む

2016年12月14日 公布された法令に関するお知らせ

ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第102号)   官民データ活用推進基本法(平成28年法律 第103号)   再犯の防止等の推進に関する法律(平成28年法律 […]

続きを読む

日本に居住する外国人夫婦の離婚- Divorce between foreign nationals in Japan

 日本に住んでいる外国人の夫婦が日本で離婚をしようとする場合、日本の裁判所を利用することが出来ますが、この場合に適用される法律(準拠法)が問題となります。  離婚の成立要件について適用される法律は、 ① その夫婦の本国法 […]

続きを読む

日本人の配偶者と離婚・死別した外国人の在留資格

 日本に滞在する外国人には在留資格が必要となりますが、「日本人の配偶者等」という在留資格で日本において生活している外国人が日本人の配偶者と離婚しょうとしている場合や離婚・死別した場合にその在留資格がどうなるのかという問題 […]

続きを読む

2016年6月7日 公布された法令に関するお知らせ

○平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律(平成28年法律 第69号) ○特定非営利活動促進法の一部を改正する法律(平成28年法律 第70号) ○民法の一部を改正する […]

続きを読む

2016年5月13日 公布された法令に関するお知らせ

○独立行政法人日本スポーツ振興センター法及びスポーツ振興投票の実施等に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第35号) ○流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第36 […]

続きを読む