今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:男女問題

日本に居住する外国人夫婦の離婚- Divorce between foreign nationals in Japan

 日本に住んでいる外国人の夫婦が日本で離婚をしようとする場合、日本の裁判所を利用することが出来ますが、この場合に適用される法律(準拠法)が問題となります。  離婚の成立要件について適用される法律は、 ① その夫婦の本国法 […]

続きを読む

日本人の配偶者と離婚・死別した外国人の在留資格

 日本に滞在する外国人には在留資格が必要となりますが、「日本人の配偶者等」という在留資格で日本において生活している外国人が日本人の配偶者と離婚しょうとしている場合や離婚・死別した場合にその在留資格がどうなるのかという問題 […]

続きを読む

2016年6月7日 公布された法令に関するお知らせ

○平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律(平成28年法律 第69号) ○特定非営利活動促進法の一部を改正する法律(平成28年法律 第70号) ○民法の一部を改正する […]

続きを読む

2016年5月13日 公布された法令に関するお知らせ

○独立行政法人日本スポーツ振興センター法及びスポーツ振興投票の実施等に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第35号) ○流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第36 […]

続きを読む

内縁の相手方による借家権の承継

 借家人となっている内縁関係にある夫(ないし妻)が死亡した場合、その内縁関係における相手方は、死亡した者の相続人になりませんが、立法や判例により家屋に居住する利益を保護されています。 ① 死亡した者に相続人がいない場合 […]

続きを読む

別居中の夫婦の生活費

 夫婦関係の悪化などによって別居している場合でも婚姻関係が継続している限り夫婦には婚姻費用の分担義務があります。そこで、別居中であっても、夫婦の一方は、他方に対し、生活費の支払いを請求することが出来ます。  婚姻費用とは […]

続きを読む

夫婦同姓と女性の再婚禁止期間

 夫婦の同姓について定める民法750条が憲法に違反するかどうかが問題になっている裁判と女性の再婚禁止期間を定める同733条1項が憲法に違反するかどうかが問題になっている裁判についての上告審判決が平成27年12月16日にあ […]

続きを読む

遺言執行者の権限

 相続において遺言書による指定や家庭裁判所による選任により遺言執行者が存在する場合があります。  遺言執行者とは、遺言をした人が亡くなって遺言の効力が生じてから遺言の内容を実現する人です。  遺言執行者は、相続財産の管理 […]

続きを読む

民事調停制度の利用

 裁判所の関与によって民事紛争を解決する制度として訴訟が存在しますが、この他に裁判所の関与によって民事紛争を解決する制度として民事調停が存在します。  訴訟と対比すると、調停には ①当事者双方の自由意思による合意によって […]

続きを読む

離婚訴訟における離婚原因

 離婚訴訟による離婚が認められるには、 ①配偶者に不貞行為があった ②配偶者から悪意で遺棄された ③配偶者の生死が3年以上明らかでない ④配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由 […]

続きを読む