ようこそ、ひらま総合法律事務所へ
所在地:東京都港区白金1丁目17番2号白金タワー テラス棟4階 最寄り駅:白金高輪駅


  電話番号:03-5447-2011
  (業務多忙によりご依頼をお受けできない場合もあります。)   

CURRENT TOPICS トピックス
  • 2019.10.15  投資信託の購入による被害(2019年9月24日分)

     投資信託は、投資者から集めた資金を運用の専門家が株式や債券などに投資して運用する金融商品です。  投資信託は、さまざまな資産に対して投資できる、運用が専門家によって行われるといったメリットがあるものですが、内容の理解が […]

  • 2019.10.15  FX取引に関するトラブル(2019年9月17日分)

     FX取引(外国為替証拠金取引)は、証拠金を業者に預託し、レバレッジをかけて為替変動による差金決済で外国の通貨を売買する取引です。  レバレッジにより資金の何倍もの金額で売買ができることから大きな収益を得る可能性がある一 […]

  • 2019.10.15  インターネット上の名誉毀損と真実性の証明・故意(2019年9月9日分)

     人の名誉を毀損した場合、名誉毀損罪(刑法230条1項)の成立が考えられますが、公益を図る目的で公共の利害に関する事実を適示した場合には適示した事実が真実であるとの証明があればこれを処罰しないとされています(同法230条 […]

  • 2019.10.15  過失運転致死傷罪の新設・移動

     2007年に自動車運転過失致死傷罪(刑法211条2項)が新設されましたが、この規定は2013年に自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)5条に移りました。  この規定をみると […]

  • 2019.10.07  強姦罪等の個人の性的自由に対する罪に関する法改正(2019年9月2日分)

     2017年の法改正により、監護者わいせつ及び監護者性交等罪(刑法179条)が新設されるとともに集団強姦罪及び準集団強姦罪とその致死傷罪が廃止され、また、強姦罪が行為態様を「性交」等とし被害者を女子に限定しない強制性交等 […]

  • 2019.10.07  差押債権者による取立て(2019年8月26日分)

     差押命令が債務者に送達されて1週間が経過すると、差押債権者は、第三債務者から直接取立てをすることができます(民事執行法155条1項)。そして、この取立権によって、差押債権者は、自己の名において、差押債権に関し債務者の権 […]

  • 2019.10.07  危険運転致傷罪の行為態様(2019年8月19日分)

     2013年の法改正により、刑法208条の2の危険運転致致死傷罪や同法211条2項の自動車運転過失致死傷罪などが「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」(自動車運転死傷行為処罰法)に移り、また、準危険 […]

  • 2019.10.07  債権に対する強制執行

     債権に対する執行には、債権執行と債権担保権の実行がありますが、債権執行が利用されることが多いようです。  債権執行とは、金銭債権や引渡請求権を差し押さえ、換価・配当をする手続です(民事執行法143条等)。強制執行で必要 […]

  • 2019.10.01  消費税率の変更

     平成28(2016)年11月28日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき,令和元(2019)年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が10%へ引き上がりました。  これにより費用については,改 […]

  • 2019.09.30  刑事訴訟法「人を死亡させた罪」の時効期間の延長と時効の廃止

     一定の期間が経過することによって公訴を提起できなくなる公訴時効という制度が存在しますが、2010年にこの制度の改正が行われました。  すなわち、刑事訴訟法は、「人を死亡させた罪であって禁固以上の刑に当たるものについて」 […]

  • 2019.09.24  共有物分割請求訴訟と遺産分割審判の関係(2019年8月13日分)

    共同相続人が遺産を分割する場合、遺産分割の手続(民法907条)によることになりますが、第三者が共同相続人か共有持分権を譲り受けた場合にどのような手続きによって共同所有関係を解消するかという問題があります。  そこで、この […]

  • 2019.09.24  協議・合意手続(2019年8月5日分)

     2016年における法改正により一定の財政経済犯罪と薬物銃器犯罪を対象(刑訴法350条の2第2項)として協議・合意手続が導入されました。 1 合意手続 合意の内容となる被疑者・被告人の行為は、他人の刑事事件について、取調 […]

  • 2019.09.24  刑事免責手続(2019年7月29日分)

     2016年における法改正において協議・合意手続とともに導入されたものとして刑事免責手続があります。  1 刑事訴追を受ける等のおそれのある事項についての尋問を予定している場合、検察官は、裁判所に対し、刑事免責決定を請求 […]

  • 2019.07.22  分割される共有物における共有関係の存続

     共有関係が存続することを希望する者が存在する場合に共有物の一部を分割し残りの部分を共有にしておくことが共有物の分割請求訴訟において認められるのかという問題があります。  このことが問題となった裁判例を見ると、最高裁平成 […]

  • 2019.07.16  共有物の価格賠償による分割

     物の所有の形態としては単独所有のほかに共同所有(共有)が認められるところ、「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる」(民法256条1項)、「共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を […]

  • 2019.07.08  有名人による悪質商法の宣伝・広告

     詐欺業者等がタレントなどの有名人を使用して宣伝・広告を行った場合、その有名人が悪質商法の推奨者として責任を負うかどうかという問題があります。  そこで、悪質商法の宣伝・広告にかかわった有名人の責任が問題となった裁判例を […]

  • 2019.07.01  悪質商法と宣伝、広告媒体の責任

     悪質商法による被害に新聞、雑誌、テレビなどによる宣伝、広告が影響している場合、悪質業者による宣伝・広告を掲載・放映した媒体の責任が問題となります。  そこで、悪質業者による宣伝・広告を掲載・放映した媒体の責任が問題とな […]

ページの上へ

Copyright© 2010-2018 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.