港区の白金高輪駅から最も近くにある弁護士の事務所です。刑事,民事,家事,行政事件に関する無料の法律相談は土・日曜日,祝日も行っております。まずは,お電話ください。

  

電話番号:03-5447-2011
      (業務多忙によりご依頼をお受けできない場合もあります。)

  
CURRENT TOPICS トピックス   (毎週月曜日 更新予定)
  • 2024.02.26  更改の要件と効果

     民法513条は,「当事者が従前の債務に代えて,新たな債務であって次に掲げるものを発生させる契約をしたときは,従前の債務は,更改によって消滅する。  1 従前の給付の内容について重要な変更を […]

  • 2024.02.19  複数の債権債務が対立する場合における相殺と充当

     ① 民法512条1項は,「債権者が債務者に対して有する一個又は数個の債権と,債権者が債務者に対して負担する一個又は数個の債務について,債権者が相殺の意思表示をした場合において,当事者が別段の合意をし […]

  • 2024.02.12  悪意による不法行為等に基づく損害賠償債権を受働債権とする相殺の禁止

     民法509条は,「1 悪意による不法行為に基づく損害賠償の債務 2 人の生命又は身体の侵害による損害賠償の債務(前号掲げるものを除く。)」について,「債務の債務者は,相殺をもって債権者に対抗することができない […]

  • 2024.02.05  相殺の要件と相殺の禁止・制限

    ① 民法505条1項は,「二人が互いに同種の目的を有する債務を負担する場合において,双方の債務が弁済期にあるときは,各債務者は,その対当額について相殺によってその債務を免れることができる。ただし,債務の性質がこ […]

  • 2024.01.29  差押を受けた債権を受働債権とする相殺の禁止

    ① 民法511条1項は,「差押えを受けた債権の第三債務者は,差押え後に取得した債権をもって差押債権者に対抗することはできないが,差押え前に取得した債権による相殺をもって対抗することができる」として,差押えと相殺 […]

  • 2024.01.22  債権者による担保の喪失・減少

    ① 民法504条1項は,「弁済をするについて正当な利益を有する者(以下この項において「代位権者」という。)がある場合において,債権者が故意又は過失によってその担保を喪失し,又は減少させたときは,その代位権者,代 […]

  • 2024.01.15  一部弁済による代位

     ① 民法502条は1項で,「債権の一部について代位弁済があったときは,代位者は,債権者の同意を得て,その弁済をした価額に応じて,債権者とともにその行使することができる」として,一部弁済による代位の場 […]

  • 2024.01.08  弁済による代位の競合

       民法501条3項は,「1 第三取得者(債務者から担保の目的となっている財産を譲り受けた者をいう。以下この項において同じ。)は,保証人及び物上保証人に対して債権者に代位しない。 2&nb […]

  • 2024.01.01  令和6年 新年のごあいさつ

     明けましておめでとうございます。  本年が皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。  ひらま総合法律事務所では,新型コロナウイルス等感染防止策を引き続き講じながら業務を進めてま […]

  • 2023.12.25  弁済による代位の効果

        民法501条は1項で,「前二条の規定により債権者に代位した者は,債権の効力及び担保としてその債権者が有していた一切の権利を行使することができる」,2項で「前項の規定による権利の行使は […]

  • 2023.12.18  弁済による代位(任意代位,法定代位)

       民法499条は,「債務者のために弁済をした者は,債権者に代位する」,同法500条は,「第467条の規定は,前条の場合(弁済をするについて正当な利益を有する者が債権者に代位する場合を除く […]

  • 2023.12.11  弁済者による供託とその効果

       民法494条は,弁済者が債権者のために弁済の目的物を供託することができる場合について,1項1号で「弁済の提供をした場合において,債権者がその受領を拒んだとき」,同項2号で「債権者が弁済 […]

  • 2023.12.04  弁済の目的物の競売代金の供託

       民法497条は,「1 その物が供託に適しないとき。    2 その物について,滅失,損傷その他の事由による価格 の低落のおそれがあるとき。  & […]

  • 2023.11.27  特定物の現状での引渡しと弁済の場所と時間(弁済の方法)

       ① 民法483条は、「債権の目的が特定物の引渡しである場合」について、「契約その他の債権の発生原因及び取引上の社会通念に照らしてその引渡しをすべき時の品質を定めることができないときは、 […]

  • 2023.11.20  同種の給付を目的とする数個の債務がある場合の弁済の充当

       ① 民法488条1項は,「債務者が同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数個の債務を負担する場合において,弁済として提供した給付が全ての債務を消滅させるのに足りないとき(次条第1項 […]

  • 2023.11.13  元本のほかに利息,費用を支払うべき場合における充当の仕方

       民法489条1項は,「債務者が一個又は数個の債務について元本のほか利息及び費用を支払うべき場合(債務者が数個の債務を負担する場合にあっては,同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数 […]

  • 2023.11.06  代物弁済の法的性質とその効力

       民法482条は,「弁済をすることができる者(以下「弁済者」という。)が,債権者との間で,債務者の負担した給付に代えて他の給付をすることにより債務を消滅させる旨の契約をした場合において, […]

ページの上へ

   Copyright© 2010-2022 ひらま総合法律事務所: 東京都港区白金で弁護士相談 All Rights Reserved.   プライバシーポリシー