不当な表示・景品の規制と景品表示法

記事カテゴリー:ブログ, 企業法務, 消費者

2015-01-05

 ホテルなどで料理のメニューに記載されている食材と異なる食材を使用するという「食品偽装」が大きな問題となったことがありますが、このような不当表示を規制する法として不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)が存在します。

 この法律は、不当な表示や景品を規制することによって一般の消費者の利益を保護しようとするもので、
①商品・サービスの品質、規格その他の内容についての不当表示である優良誤認表示と商品・サービスの価格その他の取引条件についての不当表示である有利誤認表示を禁止し、
また、
②顧客誘引の手段として取引に付随して提供する経済上の利益である景品類の最高額、総額等を規制しています。

 事業者としては、行き過ぎた表現や過剰な景品にならないよう留意して広告等を行うことが必要になります。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.