嫡出子と嫡出でない子の相続分

記事カテゴリー:ブログ, 男女問題

2015-06-01

 相続人が複数存在する共同相続において、各相続人が相続財産について有する権利義務の割合を相続分と言います。

 そして、相続人となる子が複数である場合、各自の相続分は原則として均等ですが、婚姻関係にない男女から生まれた嫡出でない子の相続分は婚姻関係にある男女から生まれた嫡出子の2分の1とされていたところ、平成25年9月4日最高裁大法廷決定が、このことを定めた民法900条4号ただし書き前段につき、遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたとして、原決定を破棄して事件を原審に差し戻しています。

 この最高裁の決定は、法令が憲法に違反するとしつつその効力を制限しています。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.