今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:保証

借地・借家に関する特約と消費者契約法

借地・借家契約における特約については借地借家法上の強行法規や民法上の一般原則(公序良俗、信義則、権利濫用)との関係の他、消費者契約法との関係が問題となります。  この点に関する裁判例を見ると、建物の賃貸借契約における自然 […]

続きを読む

2017年6月2日 公布された法令に関するお知らせ

〇防衛省設置法等の一部を改正する法律(平成29年法律 第42号) 〇独立行政法人国民生活センター法等の一部を改正する法律(平成29年法律 第43号) 〇民法の一部を改正する法律(平成29年法律 第44号) 〇民法の一部を […]

続きを読む

取締役等の役員の任務懈怠による損害賠償責任

会社において、取締役などの役員がその任務を怠ったときはこれによって生じた損害を賠償する責任を負うとされています(会社法423条)。そして、取締役が違法な行為を積極的に行っていなくても、他の取締役について十分な監視をしなか […]

続きを読む

株式譲渡の自由と従業員持株制度

 従業員に対する福利厚生や愛社精神の育成などのために自社の株式を有利な条件で従業員に保有させる従業員持株制度を導入している企業がありますが、株式の自由な譲渡を制限し、退職時には株式を一定額で会社に譲渡すると定められている […]

続きを読む

期限の利益の喪失と消滅時効の起算点

 契約等において期限が存在する場合、期限が到来するまで履行を請求されないという期限の利益がありますが、特約としてこの期限の利益の喪失について定められることがあります。そして、この期限の利益の喪失条項に該当する事由が発生し […]

続きを読む

主たる債務者の破産・免責と保証人による消滅時効の援用

 破産法によれば、主たる債務者に対する免責許可決定は、破産債権者が保証人に対して有する権利に影響しないとされているところ、保証人が保証債務の履行を免れるために破産者に対する債権についての消滅時効を援用出来るかどうかという […]

続きを読む

消滅時効期間とその起算点

 企業法務において管理する債権の時効消滅の防止が問題になることがありますが、適切に対処するためには消滅時効期間とその起算点の理解がまず必要になります。 Ⅰ 消滅時効期間  債権の消滅時効期間については民法・商法が定めてい […]

続きを読む

企業の倒産

 「帝国データバンク」が平成27年4月8日に公表した平成26年度における負債額が1000万円以上の企業倒産の件数は、前年度比10.5%減の9044件で8年ぶりに1万件を下回り、倒産企業の負債総額は31.3%減の1兆887 […]

続きを読む

債権管理と再度の時効中断

 企業法務における債権管理として、その管理する債権の時効消滅を防止する必要があります。そして、消滅時効が進行する場合にその完成を阻止して時効消滅を防止する制度として消滅時効の中断が存在し、民法は、 ①請求 ②差押え・仮差 […]

続きを読む

民法の債権法の改正

 社会の変化に対応するため法律の改正が行われますが、平成26年8月27日付け読売新聞朝刊が「民法 債権 初の抜本改正へ」という表題で法務大臣の諮問機関である法制審議会の民法部会が民法の債権に関する規定の抜本改正案を大筋で […]

続きを読む