今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:ハラスメント

非正規雇用とセクシャル・マタニティーハラスメント

 職場を労働者にとって働きやすいものにするため、企業によるハラスメント対策が必要になります。  厚生労働省によれば、全国の労働局に寄せられる男女雇用機会均等法関連の相談のうちセクシャルハラスメント(セクハラ)に関するもの […]

続きを読む

過重労働による健康被害

 使用者は、労働者に対し、労務指揮権や人事権等の権限を有する一方で、労働者の健康管理の責務を負います。  健康被害に関する労災支給決定件数を見ると、脳・心臓疾患に関する労災支給決定件数は年間300万件前後で推移し、精神障 […]

続きを読む

リベンジポルノ対策

 嫌がらせや報復などのために元の交際相手などの性的な写真・動画をインターネット上に流出させるいわゆる「リベンジポルノ」が問題になっていることを受けて、平成26年11月19日、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関す […]

続きを読む

児童ポルノの所持・提供等と児童の権利の擁護(児童ポルノ禁止法)

 児童ポルノに対して有効な規制をするという見地から平成11年に「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」(児童ポルノ禁止法)が制定されましたが、この法律の改正法(児童買春、児童ポルノに係る行為 […]

続きを読む

妊娠・出産を理由とした職場での嫌がらせ(マタニティーハラスメント)

 妊娠や出産を理由とした女性に対する職場での嫌がらせをマタニティーハラスメント(マタハラ)と言い、男女雇用機会均等法は妊娠中や出産後1年未満における解雇を無効とするなど女性の労働者に対して不利益を被らせる取り扱いを規制し […]

続きを読む

メンタルヘルスと使用者の安全配慮義務・労災

 IT技術の高度化等による仕事の質の変化、終身雇用制の崩壊、成果主義の導入などによるストレスの増大により「メンタルヘルス」(心の健康)が重視されるようになっていますが、使用者には労働者の生命及び身体の安全を保護するよう配 […]

続きを読む

男女雇用機会均等法(マタニティー・ハラスメント)について

 男女雇用機会均等法は、婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱いの禁止等についても規定しています。 第9条では、女性労働者の結婚・妊娠・出産退職制、女性労働者の結婚を理由とする解雇、女性労働者の妊娠・出産等厚生労働省令 […]

続きを読む

雇用・労働に関する主なトラブル解決の方法

雇用・労働トラブルは、多くの人にとって極めて身近であるとともに生活の基盤に関わることから深刻なものとなることが少なくありせん。このようなトラブルに対する主な解決方法をご紹介します。いずれも、早めの相談が決め手です。一人で […]

続きを読む