Archive for the ‘入管関連’ Category

資格外活動と刑事処分・退去強制処分

2016-08-01

 出入国管理及び難民認定法(入管法)の別表第1に記載された「技術・人文知識・国際業務」「技能」などといった専門性のある就労活動をすることを予定する在留資格を認められた外国人による当該在留資格が予定していない就労活動や「留学」「家族滞在」などといった就労を予定していない在留資格を認められた外国人による就労活動(資格外活動)は、刑事処分や退去強制処分の原因となります。

① 入管法70条1項4号、73条により、上記のような資格外活動を専ら行っていると明らかに認められる者には3年以下の懲役もしくは禁錮または300万円以下の罰金、専ら行っていると明らかに認められないが資格外活動を行った者には1年以下の懲役もしくは禁錮または200万円以下の罰金が科されます(懲役等と罰金が併科されることもあります)。

② 資格外活動を専ら行っていると明らかに認められる場合には、退去強制事由にも該当します(入管法24条4号イ)。また、専ら行っているとまでは認められない場合でも禁錮以上の刑に処せられた場合には、退去強制事由に該当します(入管法24条4号ヘ)。

When a foreign national intends to engage in an activity to operate profit-making businesses or an activity for receiving consideration other than the activity permitted under his/her status of residence, he/she must obtain permission to engage in an activity other than that permitted under* the status of residence previously granted, in advance.

Note:
The following passage was quoted from a Immigration Bureau of Japan web site: (http://www.immi-moj.go.jp/english/index.html).
*See the following ‘Permission to Engage in an Activity Other Than That Permitted by the Status of Residence Previously Granted’ Immigration Bureau of Japan web site: (http://www.immi-moj.go.jp/english/tetuduki/zairyuu/shikakugai.html) for further information.



【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


在留特別許可による在留資格の取得

2015-08-24

退去強制事由に該当する外国人については、退去強制手続が開始されます。そして、退去強制手続は、
①違反調査
②違反審査
③口頭審理
④法務大臣または地方入国管理局長の裁決
という流れで進みますが、退去強制事由に該当する場合であっても、出入国管理及び難民認定法(入管法第50条1項)により、法務大臣は、当該外国人の在留を特別に許可することが出来ます(在留特別許可)。

 どのような場合に在留特別許可が与えられるかを定めた規定はありませんが、法務省入国管理局が定めた「在留特別許可に係るガイドライン」や発表されている許可・不許可事例などが参考になります。



【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


不法入国・不法残留と強制収容・強制送還

2015-02-02

 不法に入国した外国人や不法に残留している外国人について、出入国管理及び難民認定法は、退去強制処分をし、その者の国籍国に強制送還する手続きを定めています。そして、この退去強制処分は、法務大臣による退去強制令書の発布によって行われます。

 不法入国、不法残留に該当するとされた外国人が上記の退去強制令書発布処分の取消訴訟を提起することがありますが、その執行停止を求めないと手続きがそのまま進んで強制収容・強制送還される可能性があることから、多くの場合、訴訟の提起に加えて執行停止の申立を行うことになります。

 なお、執行停止をするには、
Ⅰ積極要件
 ①本案訴訟として取消訴訟が適法に提起されていること
 ②重大な損害を避けるため緊急の必要があるときであること
と、
Ⅱ消極要件
 ③公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるときでないこと
 ④本案について理由がないとみえるときでないこと
の双方を備えることが必要となります。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


2014年6月18日 公布された法令に関するお知らせ

2014-06-18

○電気事業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第72号)
○海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第73号)
○出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律(平成26年法律第74号)
が公布されました。


【お問い合わせ先】
〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2号  白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平間民郎(Tel:03-5447-2011)

最寄り駅;東京メトロ南北線/都営 三田線 「白金高輪駅」 4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


Notification of Marriage for Foreigners Living in Japan

2013-06-11
言語: 日本語 English

 When a foreigner submits a Notification of Marriage to local city or town office, it is necessary to prepare documents such as “Certificate of Legal Capacity to Contract Marriage (kon-in youken gubi shoumeisho)”. The “Certificate of Legal Capacity to Contract Marriage” is a document to prove one’s eligibility to marry. The document is issued at the embassy of one’s nationality.

 For example, in case an American national (other than military personnel) who wishes to submit the Notification of Marriage in Japan, the American Embassy will issue an English form of “Certification of Legal Capacity to Contract Marriage”. Since this document will be submitted to the local city or town office in Japan, you will need to have the document translated into Japanese. Furthermore, you will require two witnesses.

 It is also required to show your passport. Since a foreigner has no family registration, marriage matter will be written on the Residence Card. When you notify your marriage to your embassy, have local city or town office issue the “Certificate of Marriage Acceptance” or “Certificate of Record Acceptance (in case of Britain)” and attach them with other documents.

 On the contrary, in case a Japanese national marries with a foreign national in a foreign country, you need to have the family register and translate it into English (depending on the country, some require an Authentication and Apostille, and “Certification of Consulate” in Japan), and submit it together with other documents. Be aware that the documents to submit differ in accordance with each country.

 Above procedures concerning marriage differ according to the international treaties (Hague Convention, etc.), also law and system of each country. Since the procedures may change from time to time, you need to check the latest information on the embassy’s website.

 Hirama Law Office can assist you to apply for official seal verifications, apostille and translation of your documents.

 Please feel free to consult with us.
Method of Contact: Here

日本における外国人の婚姻届等について

2013-06-07

Language: 日本語 English

外国人が市区町村役場に対して婚姻届を提出するときには婚姻要件具備証明書という書類等を必要とします。

 婚姻要件具備証明書とは、結婚できる条件を具備している(独身である)ことを証明する書類です。国籍を有する大使館で発行されます。

 たとえば、アメリカ合衆国の国籍を有する(軍関係者ではない)方が日本で婚姻届を提出する場合、アメリカ合衆国の大使館で英文の婚姻要件具備証明書の交付を受けます。この書面は日本の市区町村役場に提出されるので、日本語に翻訳する必要があります。さらに、証人2人も必須です。

 その他にパスポート等についても併せて届出を行います。戸籍はありませんので、在留カードに婚姻について記載されます。また、大使館に対して結婚の報告をする場合、市区町村役場から婚姻届出受理証明書または記載事項受理証明書(英国の場合など)の交付を受けてこれを添付書類としてその他の書類とともに提出することになります。

 これに対し、日本国籍を有する人が外国で結婚する場合、戸籍謄本を取寄せて、これを英語等に翻訳して(提出する国によって、公印確認(Authentication)やアポスティーユ(Apostille)の付与、駐日外国領事による認証が必要な場合もあります。)その他の書類とともに提出して届出を行います。国によって提出する書類は違ってきますのでご注意ください。

 上記の婚姻に関する手続きは、国際条約(ハーグ条約等)、各国の法律によって規律されるのでこれらを確認することが必要になります(なお、新たな条約や法律によって手続きが変更されている可能性もありますので、各国の大使館等のホームページ等で最新の情報を入手する必要があります。)。

 ひらま総合法律事務所では、公印確認申請やアポスティーユ申請、翻訳などのお手伝いが可能ですので、お気軽にご相談ください。



【お問い合わせ先】
〒108-0072
東京都港区白金一丁目17番2号 白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 Tel:03-5447-2011
最寄り駅
東京メトロ南北線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
都営 三田線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


外国人住民の方にも住民票が作成されるようになっています。

2013-04-26

平成24年7月から一定の要件のもと外国人住民の方にも住民票が作成されるようになっています。

一定の要件とは、

適法に3か月を超えて在留する外国人であって住所を有する者になります。

具体的には、

(1)中長期在留者
(2)特別永住者
(3)一時庇護許可者又は仮滞在許可者
(4)出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者

総務省ホームページ(外部リンク)外国人住民に係る住民基本台帳制度について



【お問い合わせ先】
〒108-0072
東京都港区白金一丁目17番2号 白金アエルシティ 白金タワー テラス棟4階
ひらま総合法律事務所 弁護士 平 間 民 郎
Tel:03-5447-2011
最寄り駅
東京メトロ南北線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
都営 三田線 白金高輪駅:4番出口から直通で徒歩1分
(ご来所には事前の電話予約が必要です。)


Visa, Permanent Residence, Naturalization

2013-04-09

There are so many people saying, “I should have consulted with you much earlier” or “I should have asked for your representation much sooner.” If you have been hesitating to consult or afraid of visiting attorneys, please contact our law firm. Tell us your problem.

A person who has a good understanding and generosity toward cross-culture (differences of laws, societies, family concepts, communication methods, etc.) in particular giving special consideration on foreigners’ over-stay, supporting applicant and related parties in their weak position.
The amount of starting fee and basic charge differ depending on the case.
(Please inquire for the details.)

※Telephone consultation is not offered.

Make an Appointment. Please click to here

The list of Status of Residence

Annexed Table1-1

Status of ResidenceActivies authorized to engage inPeriod of stay
DiplomatActivities on the part of constituent members of diplomatic missions or consular offices of foreign governments hosted by the Government of Japan; activities on the part of those who are provided with similar privileges and/or immunities as are given to diplomatic missions in accordance with treaty or international customary praetices; and activities on the part of their family members belonging to the same household.during mission
OfficialActivities on the part of those who engage in official business of foreign government or international organization recognized by the government of Japan; and activities on the part of their family members belonging to the same house hold (excluding the activities described in this table’s “Diplomat” column)during mission
ProfessorActivities for research, direction of research or education at college, equivalent educational lnstitutions or “Kotosenmongakkou”3 years or 1 year
ArtistActivities for the arts that provide income, including music, the fine arts, literature, etc. (excluding the activities described in the “Entertainer” column of Table(2)).3 years or 1 year
Religious ActivitiesMissionary and other religious activities conducted by members of foreign religious organizations.3 years or 1 year
JournalistNews coverage and other journalistic activities conducted on the basis of a contract with foreign journalistic organizations.3 years or 1 year

There is more. Please inquire for the details.

External link(Immigration Bureau of Japan)



Telephone number: (+81)3-5447-2011 / Fax number: (+81)3-5447-2012
Name: Tamio Hirama, Attorney-at Law
Address: Hirama Law Office
Shirogane Tower Terrace 4th,
17-2, 1-chome, Shirogane, Minato-ku, Tokyo


Procedures of Foreigners’ Entry (Landing)

2013-04-02

When foreigners enter Japan with their passport & visa

Foreigners show their passport & visa at the port of entry/departure, and apply for landing by providing ID information with their fingerprints as well as face (except special permanent residents).

Immigration officers conduct landing inspection by checking the passport, visa and entry card.

The seal of landing permit = visa status and period of stay is determined at the same time.

 

Foreigners are able to involve themselves in activities and ordinary social activities within the permitted scope of their determined visa status. Period of stay is determined for less than 3 years and it is according to the visa status except for “diplomatic visa”, “official visa” or “permanent residence visa”.

Our charges differ according to your status, the degree of difficulty, number of applicants, etc.
For details, please contact our office.



Prepared by: Kitamura, in charge of clerical work
Telephone number: (+81)3-5447-2011 / Fax number: (+81)3-5447-2012
Name: Tamio Hirama, Attorney-at Law
Address: Hirama Law Office
Shirogane Tower Terrace 4th,
17-2, 1-chome, Shirogane, Minato-ku, Tokyo


Attorney’s Representative for Entry & Resident Visa Procedures

2013-04-02

In accordance to Immigration Control Law and Refugee Recognition Law, visa procedures of immigration control can be classified in following four categories:

  1. Entry and landing
  2. Residence
  3. Departure, forced departure / departure by order
  4. Refugee Recognition Law

 

The most involvements as an attorney are:

1. Entry, landing,

2. Residence,

3. Procedure for forced departure, and

4. Refugee Recognition procedure

 

Due to the revision of the provisions, authority of attorney’s representative for entry and residence procedures is confirmed, so that attorneys, who notified to the chief of local Immigration Bureau via Attorney’s Association are able to apply for any visa applications without having applicants’ appearance.



Prepared by: Kitamura, in charge of clerical work
Telephone number: (+81)3-5447-2011 / Fax number: (+81)3-5447-2012
Name: Tamio Hirama, Attorney-at Law
Address: Hirama Law Office
Shirogane Tower Terrace 4th,
17-2, 1-chome, Shirogane, Minato-ku, Tokyo


« Older Entries Newer Entries »
ページの上へ

Copyright© 2010-2017 ひらま総合法律事務所 | 東京都港区白金・高輪・三田 All Rights Reserved.