今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:インターネット

消費者トラブルを救済するための消費者裁判手続特例法

 消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律(消費者裁判手続特例法)が平成28年10月1日から施行されます。  消費者庁によると、平成27年度の全国の消費生活センターなどに寄せられた消費者ト […]

続きを読む

2016年4月22日 公布された法令に関するお知らせ

○サイバーセキュリティ基本法及び情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律 第31号) 過去に公布された法令に関するお知らせ 取扱分野>>立法の動向>>会社法等 【お問い合わせ先】 〒108-0072 […]

続きを読む

IP電話の乗っ取りによる被害

 IP電話を乗っ取られ国際電話を無断でかけられたりして高額な料金を請求されるという問題について新聞が報道しています。  クレジットカードについては不正に利用されたことが判明した場合、カード会社は、料金を請求しないで保険金 […]

続きを読む

リベンジポルノ対策

 嫌がらせや報復などのために元の交際相手などの性的な写真・動画をインターネット上に流出させるいわゆる「リベンジポルノ」が問題になっていることを受けて、平成26年11月19日、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関す […]

続きを読む

児童ポルノの所持・提供等と児童の権利の擁護(児童ポルノ禁止法)

 児童ポルノに対して有効な規制をするという見地から平成11年に「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」(児童ポルノ禁止法)が制定されましたが、この法律の改正法(児童買春、児童ポルノに係る行為 […]

続きを読む

ドメインの使用の差止めと不正競争防止法

 ドメイン名に関するトラブルにはさまざまなものがありますが、ドメイン名を取得してこれを高値で売りつけようとしたり、また、他人のドメイン名を利用して顧客を得ようとしたりしてトラブルになることがあります。 このような場合、不 […]

続きを読む

自炊(スキャン)代行と著作権

 当人に代わって雑誌・書籍をスキャナーで読み取って電子データ化するいわゆる「自炊(スキャン)代行業」が著作権法との関係でどう評価されるかが問題となっていましたが、平成26年10月22日の知財高裁判決は、「電子データ化など […]

続きを読む

錯誤などによるインターネット上のトラブル

 相手方と顔をあわせて行う対面取引において誤解・誤信があった場合、意思表示の要素に錯誤があれば意思表示は無効とする一方で意思表示をした人に重大な過失があれば無効主張は出来ないとする民法95条が問題となりますが、インターネ […]

続きを読む

2014年11月12日 公布された法令に関するお知らせ

○サイバーセキュリティ基本法(平成26年法律 第104号) が公布されました。 過去に公布された法令に関するお知らせ 取扱分野>>立法の動向>>会社法等 【お問い合わせ先】 〒108-0072東京都港区白金一丁目17番2 […]

続きを読む

民法の債権法の改正

 社会の変化に対応するため法律の改正が行われますが、平成26年8月27日付け読売新聞朝刊が「民法 債権 初の抜本改正へ」という表題で法務大臣の諮問機関である法制審議会の民法部会が民法の債権に関する規定の抜本改正案を大筋で […]

続きを読む