今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:男女問題

虚偽の嫡出子・認知の届出と養子縁組

夫婦が自分たちの子でない者を嫡出子として届け出たり、父が自分の子でない者を認知して届け出た場合、そのような嫡出子届・認知届は虚偽のものとして無効ですが、事実上親子として生活している場合、そのような届出を養子縁組の届出とみ […]

続きを読む

離婚届等と不受理申出制度

夫婦の一方が相手方の意に反して離婚届を提出しようとしているときにその届出を受理しないよう申し出るものとして不受理申出制度(戸籍法27条の2第3項)があります。 この申出がなされると、市町村長は、出頭者が本人であることを確 […]

続きを読む

有責配偶者からの離婚請求

当事者の婚姻関係が破綻している場合、裁判によって離婚を請求することが考えられるところ、婚姻関係の破綻について責任のある側(有責配偶者)からの離婚請求が認められるのかという問題があります。 この問題に関する裁判例としては、 […]

続きを読む

親権者の子に対する監護教育権と医療行為への同意

親権者は、子供の利益を図るために子の監護及び教育を行う権利を有し、また、義務を負う(民法820条)ところ、この監護教育の権利・義務に基づいて子に対する医療行為について同意する権限が認められると考えられていますが、親権者の […]

続きを読む

離婚後における親子の面会交流の方法

離婚により親権者・監護者でなくなった親が子と会ったり手紙・電話等で交流することを面会交流と言います(民法766条)が、父母の葛藤が激しかったり信頼関係の再構築が十分でない場合などには家庭裁判所調査官の指導(大阪家裁昭和5 […]

続きを読む

不貞行為の相手方の責任

配偶者が不貞行為を行った場合、そのことが離婚原因となります(民法770条1項1号)が、さらに、その不貞行為の相手方が、他方の配偶者に対して民法709条による損害賠償責任を負うかが問題になります。 この問題に関する裁判例を […]

続きを読む

真実と異なる認知の無効

婚姻関係にない男女の間に生まれた子との親子(父子)関係を認めるものとして認知という制度がありますが、その認知が真実に反する場合にはその効果を否定する必要があります。そこで、子その他の利害関係人は、認知に対して反対の事実を […]

続きを読む

別居中の婚姻費用・過去の婚姻費用

衣食住や子供の養育、教育の費用など婚姻から生ずる費用(婚姻費用)について民法760条は、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する」と規定しているところ、この婚姻費用に関して、婚姻関 […]

続きを読む

2017年6月23日 公布された法令に関するお知らせ

〇農林物資の規格化等に関する法律及び独立行政法人農林水産消費安全技術センター法の一部を改正する法律(平成29年法律 第70号) 〇国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律(平成29年法律 第71号) […]

続きを読む

日本人と外国人の間に生まれた子供の国籍

子供の国籍の決め方については ①親の国籍を基準とする血統主義と ②親の国籍にかかわらずその国で生まれたものに国籍を与える生地(出生地)主義があります。 そして、日本の国籍法は、「子の出生の時に父又は母が日本国民であるとき […]

続きを読む