今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:不動産

借家契約における迷惑行為防止特約

マンションやアパートなどの賃貸借契約において、賃借人とその他当該建物を使用する者による近隣の居住者等に対し迷惑をかける行為を禁止する旨の特約が定められ、このような特約の違反が契約解除の原因として問題となることがあります。 […]

続きを読む

建物賃貸人・賃借人の地位の移転

建物の所有者が賃貸人である場合、建物の所有権が移転するとこれに伴って賃貸人の地位も新所有者に承継されるのが原則ですが、旧賃貸人に差し入れられた敷金は未払賃料に充当され、その残額が新賃貸人に承継されます(最高裁昭和44年7 […]

続きを読む

借地契約における賃貸人による契約の更新拒絶

借地契約において、賃貸人が期間満了時に借地契約を終了させるためには借地権者からの更新請求や土地の使用の継続に対し遅滞なく異議を述べる必要があり、この異議がなければ借地契約は法定更新されることになります。 そこで、この異議 […]

続きを読む

借家契約における賃借人の原状回復義務

賃貸借が終了した場合、賃借人は、賃貸人に対し、原状回復義務を負うことになりますが、賃貸借は賃借物を使用収益することを目的とするものであるため、通常の使用収益により生ずる減耗(通常損耗)については原状回復義務を負わないと考 […]

続きを読む

遺言による遺産分割の方法の指定・相続分の指定・遺贈

 遺言をすることによって、遺産分割の方法の指定や相続分の指定、財産上の利益を与える遺贈をすることが出来ますが、「Aという財産を甲に、Bという財産を乙に相続させる」といった遺言が行われた場合、それが遺贈か相続分の指定か遺産 […]

続きを読む

住宅等の建物に瑕疵がある場合における責任追及

 住宅等の建物について漏水、有害物質の発生等といった不具合がある場合、契約関係にある当事者間においては瑕疵担保責任(売買契約であれば民法570条、請負契約であれば民法634条以下)を、契約関係にない当事者間においては不法 […]

続きを読む

2016年6月3日 公布された法令に関するお知らせ

○裁判所職員定員法の一部を改正する法律(平成28年法律 第52号) ○総合法律支援法の一部を改正する法律(平成28年法律 第53号) ○刑事訴訟法等の一部を改正する法律(平成28年法律 第54号) ○国家戦略特別区域法の […]

続きを読む

借地借家法上の建物

 借地借家法は、借地権との関係では「建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権」を、借家権との関係では「建物の賃借権」を対象としていることから、同法の適用の有無を判断する際には建物にあたるかどうかや建物所有の目的が認め […]

続きを読む

賃貸借契約におけるいわゆる事故物件

 賃貸借契約の対象となっているマンション等が事故物件であった場合、このことの契約への影響や賃貸人の告知義務などが問題となります。  この点、事故が発生した場所が大都市か地方都市か、単身用か家族用か、事故の状況、付近住民の […]

続きを読む

都心部における不動産の境界と価格

 高齢社会の進行に伴い、高齢者の方々からのご自身の財産を子供らに譲る方法に関する御相談が増加傾向にありますが、この財産を譲る方法の中に生前贈与というものがあります。  もっとも、不動産や株式などその価格の評価が問題となる […]

続きを読む