今すぐお電話ください
03-5447-2011

カテゴリー:多重債務>法的整理

会社についての破産手続の開始決定と取締役の地位

会社の取締役の終任事由としては、 任期の満了 欠格事由の発生 辞任 解任 会社の解散 委任の法定終了事由 がありますが、会社について破産手続開始決定があった場合に取締役がその地位を当然に去るのかどうかという問題については […]

続きを読む

破産手続きにおける財団債権

 破産手続きでは、債権を区分してそれぞれについて異なった取扱をしています。そして、その債権の区分の中に財団債権と呼ばれるものがあります。 財団債権は、 ①破産債権者の共同の利益のためにする裁判上の費用の請求権、破産財団の […]

続きを読む

2016年-倒産整理事件に関する弁護士報酬基準のお知らせ(最新)

倒産整理事件に関する弁護士報酬基準(着手金) 当法律事務所の破産・民事再生・特別清算および会社更生の各倒産整理事件の着手金は、資本金・資産および負債の額ならびに、関係人の数等事件の規模に応じて定め、それぞれ以下の表の額と […]

続きを読む

2016年-任意整理事件に関する弁護士報酬基準のお知らせ(最新)

任意整理事件に関する弁護士報酬基準(着手金) 当法律事務所の任意整理事件の着手金は、それぞれ1社につき以下の表の額としています。 番号 債権額 加算金額 1 50万円を超える場合 2万円 2 100万円を超える場合 5万 […]

続きを読む

個人の負債を整理する個人再生手続

 債務者の負債を法的に整理する方法には、 ①債務者の財産をすべて清算する清算型 と ②負債について一部免除を受ける等によって再生を図る再生型 があり、 債務者に再生についての見通しがある場合、②の再生型を選ぶことになりま […]

続きを読む

破産手続きにおける否認権

 否認権とは、破産手続開始決定が出る前の破産者による行為の効力を覆す破産管財人に認められた権能です。  債務者であっても、その財産を贈与したり廉価で売却することは本来自由です。また、債務者が弁済をすることはその義務です。 […]

続きを読む

主たる債務者の破産・免責と保証人による消滅時効の援用

 破産法によれば、主たる債務者に対する免責許可決定は、破産債権者が保証人に対して有する権利に影響しないとされているところ、保証人が保証債務の履行を免れるために破産者に対する債権についての消滅時効を援用出来るかどうかという […]

続きを読む

消滅時効期間とその起算点

 企業法務において管理する債権の時効消滅の防止が問題になることがありますが、適切に対処するためには消滅時効期間とその起算点の理解がまず必要になります。 Ⅰ 消滅時効期間  債権の消滅時効期間については民法・商法が定めてい […]

続きを読む

企業の倒産

 「帝国データバンク」が平成27年4月8日に公表した平成26年度における負債額が1000万円以上の企業倒産の件数は、前年度比10.5%減の9044件で8年ぶりに1万件を下回り、倒産企業の負債総額は31.3%減の1兆887 […]

続きを読む

2015年-倒産整理事件に関する弁護士報酬基準のお知らせ

倒産整理事件に関する弁護士報酬基準(着手金) 当法律事務所は破産・民事再生・特別清算および会社更生の各倒産整理事件の着手金は、資本金・資産および負債の額ならびに、関係人の数等事件の規模に応じて定め、それぞれ以下の表の額と […]

続きを読む